2018河合塾 『藤田貴志』担当の講座
冬期講習 講座内容紹介  (最終更新日: 10/15)
注意1 講座によっては担当講師によって指導方針の異なるものもあります.ここに掲載しているものはあくまで『藤田』の指導方針です.
注意2 このページからは講習の申し込みはできません.受講希望の方は正規の手続きに従って申し込みをしてください.
 高3・大受生用の講座
センター講座(藤田担当分)
特定大講座(藤田担当分)
数学総合講座(藤田担当分)
センター試験 対策講座
『センター試験攻略数学IAIIBテスト』藤田担当分
  @天王寺校(12/25〜29, 11:20〜12:50)
注:以下は予定です。テキスト改訂等により、内容に多少の変更が生じる可能性があります。
  • 5日間のうち前半にIA,後半にIIBの単元を中心に出題分野の頻出問題を扱います.
  • センター本試験のレベルの問題のうち,普通〜やや難しめのレベルのものを集めています.
  • 前半30〜45分でテストを行い,後半解説を行います.毎回「受験生藤田君のメモ」という位置付けで解答プリントを配付します.
  • 「センター試験での心構え」「効果的なメモの取り方」「問題文の読みとり方」「暗算法」「高速処理法」などを中心に扱います.
  • 公式の「用途」の確認はしますが,公式そのものは既知であることを前提とし,一からの説明はしません.
『センター試験攻略数学IIBテスト』藤田担当分
  @大阪校(大受用)(1/2〜6,19:10〜20:40)
注:以下は予定です。テキスト改訂等により、内容に多少の変更が生じる可能性があります。
  • IIBの全単元を5日間で扱います.頻出テーマ+αを扱います.
  • センター本試験のレベルの問題のうち,普通〜やや難しめのレベルのものを集めています.
  • 前半30〜45分でテストを行い,後半解説を行います.毎回「受験生藤田君のメモ」という位置付けで解答プリントを配付します.
  • 「センター試験での心構え」「効果的なメモの取り方」「問題文の読みとり方」「暗算法」「高速処理法」などを中心に扱います.
  • 公式の「用途」の確認はしますが,公式そのものは既知であることを前提とし,一からの説明はしません.
特定大 対策講座
『阪大理系数学2(テスト)』藤田担当分
  @三宮現役館(12/19〜23,13:40〜15:10)
注:以下は予定です。テキスト改訂等により、内容に多少の変更が生じる可能性があります。
  • 阪大入試本番で差がつくレベルの問題を中心に扱います.(LV3〜4 ※LVとは?
  • テストは毎講2題,約50分.
  • 解答は配付(藤田作成のもの)し,読解上の注意点,方針の立て方,答案を書くときに注意すべきことを中心に講義します.
  • 解説講義時には項目が細分化された藤田オリジナルのチェックシートで自己評価を行い,理解や記述の不足を明確にします.
  • 毎講採点&添削(藤田が行います)し翌日に返却します.平均点と最高点も紹介する予定です.
  • 阪大入試で頻出の全分野を扱いますが,順序はランダムであり,「総合テスト」となっています.
『東大理類数学』藤田担当分
  @上本町校(12/25〜29,19:10〜20:40)
注:以下は予定です。テキスト改訂等により、内容に多少の変更が生じる可能性があります。
  • 東大入試本番で差がつくレベルの問題を中心に扱います.(ほぼ全てLV4 ※LVとは?
  • 毎講テキスト掲載の演習問題3題に予習で取り組み,講義で
    「グループに分かれて状況確認&軽い教えあい」→「解説講義&ヒント・演習等」
    という形式を予定(受講生の人数や予習状況によって形式を変える可能性があります).
  • 各講毎のテーマは定まっておらず,毎講総合演習となっています.
  • 東大入試特有の「自ら設定」「分類整理の観点選び」「情報の優先付け」「計算の効率化」といったポイントが盛りだくさんの良問を多く扱います.
『京大理系数学2(テスト)』藤田担当分
  @大阪校(1/2〜6,17:20〜18:50)
  • 京大入試本番で差がつくレベルの問題を中心に扱います.(LV3〜4 ※LVとは?
  • 京大入試での頻出テーマを中心に概ね全分野に渡って取り扱います.
  • テストは毎講2題,約45分.
  • 毎講採点&添削(藤田が行います)し,翌日返却.平均点と最高点を紹介.多かったミスの例も紹介します.
  • 「答案作成上の注意」プリントを配付し,それに基づいて答案を作成する際の注意点にも触れる予定です.
数学総合 対策講座
『理系数学演習発展』藤田担当分
   @天王寺校(12/19〜23,9:30〜11:00), @神戸三宮校(12/19〜23,17:20〜18:50)
注:以下は予定です。テキスト改訂等により、内容に多少の変更が生じる可能性があります。
  • 毎講3題(の見込み)を予習し,講義で解説を聞く,という形式です.
  • 問題の難易度はLV3+〜LV4が中心となっています.※LVとは?
  • センターがだんだん気になってくるこの時期に「これだけはきっちりやっておこう」という線引きをする意味で非常に効果的な講座です.センター試験対策に専念したい人ほど,こういうのをうまく利用しましょう.

レベル(LV)について
LV1
因数分解や微分の計算など,単純な計算問題レベル
LV2
教科書やどの問題集にも掲載されているような典型問題のレベル
LV3
阪大,神大などで差がつくレベル
Lv4
東大,京大上位,国公立大医学部上位で差がつくレベル
Lv5
入試では差がつかない難問
.5について
そのレベルの割にはやや難しめ(例:「LV3.5」はLV3ではあるが,その割にはやや難しい)